読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年のまま

本業:ジャニヲタ 兼業:ハロヲタ

ジャニヲタに一読の価値があるかもしれないはてな匿名ダイアリー

私は「はてな匿名ダイアリー」に目を通すのが好きだ。

ネットは匿名で活動できることがメリットのひとつであるが、最近は自分のプロフィールをわざわざ詳細に記したうえで、何かしらの主張をする場面が多くなってきている。私はこういう者だ、と、ある程度自分を危険に晒してまで何かを発信することで、その中身の信ぴょう性や説得力をより濃いものにしているのだろう。

 

このはてな匿名ダイアリーは、完全匿名性。だから嘘か本当かなんて誰にも確かめられないが、それなりにディープな話が転がっている。

 

今回は、グレーなもの、アウトくさいものも含めて、ジャニーズ事務所に関連したはてな匿名ダイアリーをいくつか紹介したいと思う。

 

ちなみに言っておくと、私はこれらのどの記事の筆者でもない。読むのも読まないのも自分次第だし、どんな感想を抱くかも人それぞれであるということをご了承いただきたい。

 

 

①「自担が結婚した」

anond.hatelabo.jp

記事が書かれたタイミング、そして内容から、おそらくV6長野博くんが白石美帆さんとのご結婚を発表された際のものだと思われる。

長野くんは、私のリア恋おじさん枠第1位のアイドルだ。

ただ、彼の結婚を、私は心から祝福できた。リア恋リア恋ほざいておきながら、簡単に「おめでとう」が言えてしまうので、リア恋おじさんという言葉を使いたかっただけな気がする。

ただこの増田(「はてな匿名ダイアリー」の利用者の俗称。英訳「アノニマスダイアリー」に由来するとか。)は、違う。詳しくは上記リンクから読んでほしい。

彼の幸せは願うが、その幸せが結婚であってほしくなかった、という終盤の言葉が印象的。

 

 

②「友達を消費した話」

anond.hatelabo.jp

ジャニーズという肩書ひとつで、少年のLINE IDは、最寄り駅は、住所は、プライベート写真は、取引の対象になってしまう。価値が生まれてしまう、悪い意味で。

 

 

③「私がダンオタになった理由」

anond.hatelabo.jp

テーマパークのパレードダンサーを応援している増田の文章。

この増田は元々Jr.担だったようで、なぜ、脇役ばかり追いかけたくなるのかを増田なりに考えていて、なるほどと思える点が多くある。

Jr.からJr.への担降り経験がある方には共感できる部分があるかもしれない。

 

 

④「売れないジャニーズJr.を好きになった。」

anond.hatelabo.jp

そして、デビュー組からJr.に降りた増田の投稿。

デビューの見込めない担当への想いが、切なくチクリと痛い。

こんなこと言ってはいけないのだろうけど、ギョッとさせられる最後の一行に、何か美しささえ感じる。

 

 

⑤「コンサートで自担に干されて辛い」

⑥「ジャニーズJr.に認知された感想」

anond.hatelabo.jp

anond.hatelabo.jp

セットで読んでほしい。アイドルと、ファンの距離感に関する2つの経験と感想。私は地方暮らしの庶民なので、認知されるほど現場に通うこともできないし、うちわに反応をもらったことすらない。でもきっと、一度特別な経験をしてしまったら、人間どんどん強欲になってしまうものなんだろう。

 

 

⑦「彼らは偶像でしかない」

anond.hatelabo.jp

このあたりの話題は、いつか私も深く考えて記事にしたいと思っていたことだ。アイドルは、宗教に近いと私も考えている。ただ、アイドルの言動に一喜一憂するファンの気持ちもよく分かる。気持ちの整理が上手いかそうでないかというのは、ジャニヲタ・ドルヲタを続けるうえで大きなカギになると思っている。

 

 

⑧「亀梨和也を取り巻く全てのものを愛してえ」

anond.hatelabo.jp

ファン同士のいざこざさえ、アイドルの輝きの一部になりうるのではないか、という考えがとても素敵だと思った。応援するアイドルに「好きだ!」「頑張れ!」と叫びたくなるその思いを潔く言語化してくださっていて、読んでいてなんだかすっきりした。

 

 

⑨「ジャニヲタをやめたい。」

anond.hatelabo.jp

好きになったもの、力や時間やお金や気持ちを注いできたものを急に意識的に手放すことなんて、ほぼ無理なんじゃないかと私は思う。多分この増田はいろんなものを見てきたのだろう。知らぬが仏、という言葉はドルヲタの心に常に刻まれておくべき。

 

 

⑩「ジャニオタ楽しいうわああああああああああ」

anond.hatelabo.jp

わかる。すごくよくわかる。

 

 

 

 

また見つけたら、まとめたいと思います。